ご利用について

  • HOME
  • ご利用について

国立吉備青少年自然の家とは?

 岡山県のほぼ中央、なだらかな丘陵地の広がる吉備高原の標高300mから360mに位置し、敷地内の人造湖「鳴滝湖」や赤松林に囲まれた自然の中で、家庭や学校では得がたい様々な体験活動を提供することを通じて、青少年教育の振興及び青少年の健全育成を図ることを目的に利用者を受け入れています。
 施設利用については、学校団体によるイメージが強いかと思いますが、家族や友達同士での利用はもとより体育館や研修室などの設備も充実しており、サークル活動の合宿や企業の研修にも最適な環境となっており、効果的な研修支援を当施設の企画指導専門職がお手伝いさせていただきます。

新型コロナウイルスの影響による施設利用のお願い

下記『新型コロナウイルスの影響による施設利用のお願いについて』をご参照ください。
【PDF形式】新型コロナウイルスの影響による施設利用のお願いについて(20210408)
 

宿泊につきましては、各部屋の寝具数の半分の人数を意識し、スペースを広く使用した就寝場所の割当を実施しております。利用団体ごとに指定の場所(A or B)をご利用ください。詳しくは、下記『宿泊棟のA・B表記について(新型コロナウイルス対応)202008』をご参照ください。
【PDF形式】宿泊棟のA・B表記について(新型コロナウイルス対応)202008


現在(令和3年4月~)野外炊事における定員を制限しています。かまどへ仮テーブルを設置し、屋外に簡易テントを設置するなどの対応をしております。ご不便をおかけしますがご協力をお願い致します。

【PDF形式】コロナウイルス感染拡大防止のための野外炊事定員について


利用するに当たって

1 利用の条件

 青少年団体・スポーツ少年団・学校・部活動・サークル・地域の子供会・企業・家族等で次の条件を満たす団体(2人以上)であれば,どなたでもご利用いただけます。

  • 成人の引率者がいること
  • 標準生活時間を守り,事前に具体的な活動計画を立てられること
  • 営利を目的とした活動や政治的活動・宗教的布教活動を行わないこと
  • 朝のつどい・夕べのつどいに原則として全員で参加すること

2 利用のできない日

  • 年末年始(12月28日から翌年1月4日) ※12月28日退所の利用は可
  • 施設・設備等の整備の日(空室案内でご確認ください)
  • 天災その他やむを得ない事情があるとき

3 受入方針

  • 国立吉備青少年自然の家が行う事業を優先させていただきます。
  • 学校や青少年団体,青少年関係団体を優先させていただきます。

4 ご協力いただくこと

  • 食中毒防止のための飲食物・食材等の持込み禁止(入所日の最初の食事のみ弁当持参可)
  • 施設利用後の清掃
  • 施設内車両乗入れ禁止
  • ペット等の同伴禁止(補助犬を除く)
  • 火気の取り扱い注意(打ち上げ花火禁止,手持ち花火は要事前相談)

5 生活・活動中の指示・指導・準備

 指示・指導・必要物品等の準備はすべて団体の皆様となります。

  • 施設職員の同行はありません。
  • 資料・物品についてはご持参いただくようになります。
  • 利用日までに下見・見学・活動プログラムの確認・資料作成・必要物品の準備等を行い,ご不明な点は予めご相談ください。

6 標準生活時間

  • 定められた時間帯を基準に活動プログラムをご計画ください。

7 施設内の車両乗り入れ制限

  • 施設内への車両の乗入れは禁止,移動は徒歩でお願いします。
  • 車両は利用者専用駐車場へ。(駐車台数に制限有り。乗合わせの上,来所してください。)
  • 緊急車両として玄関前(ロッジ泊の団体はロッジ裏)に各団体1台のみ駐車可。(要駐車許可証,施設内制限速度20km/h。)
    ※ 荷物運搬など施設内への車両の乗入れが必要な場合は事前にご相談ください。

初めての方へ