当施設は、昭和57年4月に学制百年記念事業の一環として全国7番目の国立少年自然の家として発足しました。
平成13年4月に文部科学省所管の独立行政法人に移行し、平成18年4月に国立オリンピック記念青少年総合センター及び国立青年の家と統合し、独立行政法人国立青少年教育振興機構国立吉備青少年自然の家となり、 平成24年に開所以来30周年を迎え、平成25年5月には利用者数300万人を達成しました。
当施設では、これからも青少年教育におけるナショナルセンターとして、「体験の風をおこそう」運動を展開し、体験活動を通じた青少年の健全育成をはじめ、青少年教育指導者の養成を推進します。

吉備青少年自然の家からのお知らせ

2022/11/20教育事業

「あつまれ!きびのもり~からだで表現、みんなで描こう巨大アート~」の開催について

国立吉備青少年自然の家の登録法人ボランティア「吉備ウーリーズ」が企画運営する事業です。 小学校3~4年生を対象とした事業になっています。 自然体験活動の機会が減少している現代に、オリエンテー...

【体験写真募集中!】
ホームページに体験写真を掲載してみませんか?詳しくはこちらから
  • 独立行政法人 国立青少年教育振興機構
  • ウーリーチャンネル
  • 公式LINEアカウント
  • 体験の風をおこそう
  • 子どもゆめ基金
  • 子どもゆめ基金助成活動情報サイト
  • 早ね早おき朝ごはん
  • 吉備中央町
  • こそだてぽけっと
  • 遊びリンピック
  • 事業報告書
  • ゆかいななかまたち
  • ウーリー画像使用
  • 岡山県地域ぐるみで「体験の風をおこそう」運動推進実行委員会合同広報チラシ
  • 岡山県地域ぐるみで「体験の風をおこそう」Facebookページ
  • 社会教育士特設サイト