当施設は、昭和57年4月に学制百年記念事業の一環として全国7番目の国立少年自然の家として発足しました。
平成13年4月に文部科学省所管の独立行政法人に移行し、平成18年4月に国立オリンピック記念青少年総合センター及び国立青年の家と統合し、独立行政法人国立青少年教育振興機構国立吉備青少年自然の家となり、 平成24年に開所以来30周年を迎え、平成25年5月には利用者数300万人を達成しました。
当施設では、これからも青少年教育におけるナショナルセンターとして、「体験の風をおこそう」運動を展開し、体験活動を通じた青少年の健全育成をはじめ、青少年教育指導者の養成を推進します。

吉備青少年自然の家からのお知らせ

2021/09/17教育事業

チームビルディング研修

仲間作りの重要性について理解を深めるとともに、仲間作りを行うための基礎的な知識や技能を実践を通して習得することを目指します。 開催日等:【第1回:体験会】10月23日(土) 日帰り 32名...

【体験写真募集中!】
ホームページに体験写真を掲載してみませんか?詳しくはこちらから
  • 独立行政法人 国立青少年教育振興機構
  • ウーリーチャンネル
  • 公式LINEアカウント
  • 体験の風をおこそう
  • 子どもゆめ基金
  • 子どもゆめ基金助成活動情報サイト
  • 早ね早おき朝ごはん
  • 吉備中央町
  • こそだてぽけっと
  • 遊びリンピック
  • 事業報告書
  • ゆかいななかまたち
  • ウーリー画像使用
  • 岡山県地域ぐるみで「体験の風をおこそう」運動推進実行委員会合同広報チラシ
  • 社会教育士特設サイト
子どもゆめ基金20周年記念事業 ようこそ!キビのもり はる・なつ・あき・ふゆ 家族対象 各回8家族40人程度(日程によって異なる場合があります) 準備中