吉備を応援したい

施設ボランティアについて

施設ボランティアとは?

ボランティア活動に興味・関心をもつ青年等を対象に、当青少年自然の家の教育事業への参画やサポートを通して、ボランティア自身の自己啓発・自己実現に資するとともに、社会に積極的に関わる態度を培うことを目的として、ボランティアを養成しています。

イベントに参加するまで

独立行政法人国立青少年教育振興機構の施設(全国28カ所)でのボランティア活動が可能なボランティアを法人ボランティアと言います。「法人ボランティア」に登録するためには、2日間の研修の受講と登録手続きが必要となります。
吉備では、毎年5月中旬に開催する「吉備ボランティア養成研修」に必ず参加し、法人ボランティアとして登録していただくようになります。イベントへのボランティア募集は、施設からイベントの数週間前にメールでお知らせするようになります。

イベントでの活動事例

  • ウーリークラブでは、吉備の里山を散策しながら幼児の自然体験のサポートを担当します。
  • 桃太郎チャレンジキャンプでは、各班について子供たちのリーダーを担当します。
  • 子育て支援ハートフルキャンプでは、参加した子供たちへのマンツーマンに近いサポートや保護者と子供のペアで活動するときのサポートを担当します。
  • 吉備の森ブックワールドでは、子供たちを前に読み聞かせや読書体験会自体の運営の補助も担当します。
  • 青少年体験活動フォーラムin吉備では、ボランティアとしての活動発表や運営の補助をします。

お問い合わせ先

国立吉備青少年自然の家 企画指導専門職(ボランティアコーディネーター)まで
〒716-1241 岡山県加賀郡吉備中央町吉川4393-82
TEL:(0866)56-7232/FAX:(0866)56-7235

寄付金について

寄付金とは?

平素から国立吉備青少年自然の家にご支援を頂き、厚くお礼申し上げます。
当青少年自然の家は平成13年4月1日から文部科学省の直轄機関から「独立行政法人」に移行し運営しています。
独立行政法人は、その運営に必要な経費を、国からの交付金と自己収入で充当することとされていますが、より充実した業務を遂行するために、寄附金・協賛金などを積極的に受け入れることが必要となっています。 今度とも当青少年自然の家は、青少年の体験教育及び企業研修の場として、より一層の充実を目指して施設の改善などに取り組んでいく所存です。 これらの趣旨をご理解いただき、温かいご支援を頂きますようよろしくお願い申し上げます。

募集期間 随時
対 象 個人・団体・法人

申込み方法

寄附金申込書をご記入の上、FAX、電子メール又は郵送にて当青少年自然の家まで送付願います。

【寄附金に対する税法上の扱い】

寄附金については、一定の金額までは、寄附者が内国法人の方は法人税法の規定により損金とされ、個人の方の場合は、所得税法の規定により寄附金控除が受けられます。

申込書のダウンロード 様式ダウンロードはこちら

お問い合わせ先

独立行政法人国立青少年教育振興機構国立吉備青少年自然の家管理係
TEL:0866-56-7234
FAX:0866-56-7235
Eメール:kibi-kanri@niye.go.jp

食事・物品申込みについて